おちゃっともんすたー

暇つぶしになんか書きます

ガガイのガッサ


キノガッサ@半回復きのみ
特性:†ほうし†
性格:わんぱく
実数値:164-151-128-x-81-108
努力値:228-4-132-0-4-140
きのこのほうし/どくどく/ドレパン/草技orマッパ


主な調整内容

H:4n

A:端数

B:陽気メガバンギのA+1こおりのキバ確定耐え。意地ミミッキュのじゃれつく確定耐え。
メガガルの猫捨て身を木のみ込みで確定耐え。

D:端数

S:4振り85族抜き抜き。



竜王戦に多いイベルタル以外の悪タイプ(バルジーナブラッキー、バンギ、メガギャラ等)を誤魔化すために生まれた。悪タイプに後投げして毒を入れ、交代を強要してキノコの胞子でアドを取っていく。

モロバレルとの差別化点はSの高さと型の読まれにくさ。バルジブラッキーに上から挑発を打たれない点が重要。

構築単位で襷の位置を錯覚させられる点も👍。

基本的にイカサマや噛み砕くなどの接触技に受け出していくため胞子の発動機会はそれなりに稼げる。



襷ガッサのような対面性能も無ければポイヒガッサのようなハメ性能も無いのでとても腐りやすい。悪タイプに
無限回後投げするだけならポイヒガッサでよくね? 完

ゲロゲズガドーン

ズガドーン@霊Z
臆病CS 特性:BB
シャドボ/もんじ/めざパ氷/ニトチャ


ガマゲロゲ@襷
臆病CS 特性:貯水
だいちか/こごかぜ/がむしゃら/ステロ



神楽の方の新歓の部内戦で使った並び。(野田でも使いたかったけど諸事情により使えなかった。)
新歓ということであまりみかけないポケモンを使いたいと思いズガドーンに注目した。

ズガドーンの炎+霊+めざパ氷の範囲の広さを活かしたかったのでスカーフやメガネではなくニトチャを採用。BBを発動させるために瞬間火力が欲しかったので持ち物はZ。

ズガドーンにサイクルを回しながらどこかでニトチャを積むみたいな器用なことはできないため起点構築にすることに。
ニトチャズガドーンを通す上で起点作り役に欲しい要素は


・水タイプに弱くない(貯水)
・電気タイプに弱くない(地面タイプ)
・地面タイプに弱くない(こごかぜ)
・S操作ができる(こごかぜ)
・汎用的な削り技が使える(がむしゃら)

だったで全てを満たしている襷ガマゲロゲを採用。

ゲロゲがこごかぜ+がむしゃらで雑に削りながらズガドーンがニトチャしてBBを発動させるのが理想(理想)





〜反省点〜

相手のパーティーにミミッキュがいるだけでコンセプトが崩壊する。そもそもズガドーンが選出できない。選出率はなんと1/6…

一応予選は抜けられたけど取り巻きが強かっただけだった。完

のだぽけエゴサツイートランキング

"のだぽけ"で検索して出てきたツイートの中から個人的に面白かったものを挙げて懐古厨していく身内向け💩記事。





3位
f:id:Tchanoma:20180407205149p:plain


クリスマスに予定が無くて暇だったぼくは部内戦を開くことにした。クリスマスだというのになぜか4人も参加者が集まった(もう1名参加予定だったが徹夜→寝落ちで来なかった。)

この部内戦のルールは1試合ごとにシングルダブルトリプルローテの中からランダムで選ばれるのだが、試合間で構築の変更は無しなので全ルールに対応した構築を組まなければならないというもの。ただしこれでは全人類がメガガルーラを採用することが目に見えていたためメガガルは禁止にした。同じ構築で全ルール行うのはなかなか新鮮で面白かった(sakananaを除く。)変則ルール大好きクラブである参加者達からもなかなか好評を受けた。

今考えるとさすがに非リア過ぎる。






2位
f:id:Tchanoma:20180407213717p:plain


何故かは知らんけどキチガイ集団だと思われていたらしい。
@wtungs10により「マ?」「ホヒ」などの言語がのだにも流れてきた。(最近はあまり使われていない「ホヒ」について知らい人がいそうなで解説しておくと「ホヒ」とは「感覚的には多分社会基盤の理不尽さとか突き当たった困難とかに苦言を呈するときに使う真言。他の構成員がどう思ってるかは知らんけど」である。)
彼の手によってのだぽけの語彙力は低くなった。

そんなことよりタングスと会う前のsakananaに会ってみたい。どんな風に話すのかまったく想像がつかない。





1位
f:id:Tchanoma:20180407215649p:plain


検索妨害されて笑った。♯ぽけりんを許すな




おわり。

ジバコイル入り対面構築

ジバコイル+ガルミミの構築記事を見て強そうに感じたので自分なりに組んで見た。

コンセプト:初手ジバコイルで相手の地面枠を削ることで後続のガルーラミミッキュを通す。

以下個体解説



ガルーラ@メガ石
性格:意地
特性:肝っ玉→親子愛
実数値:191-187-121-x-134-135
すてみ/グンチ/ふいうち/ほンチ


H:16n-1
A:11n
B:端数
D:コケコのEF下Z10まんボルトを15/16で耐える。
S:最速70属抜き。


基本的にジバコで荒らした後2体目に出す。
コケコの処理ルートが少ないため電気Z耐えにしたが、スカーフ以外のテテフやオニゴーリなんかを意識するなら準速にしたいところ。



ミミッキュ@ゴーストZ
意地AS
特性:ばけのかわ
シャドクロ/じゃれ/かげうち/つるまい


普通のASミミッキュ。なるべくラスト皮の残った状態で1対1を作るのが理想。
もとはメガギャラの1舞滝登り耐えの柔らかいABミミッキュを使っていたが、環境のギャラがほとんどドッヘンを所持していたためギャラは諦めASに変えた。



ジバコイル@弱点保険
控えめCS
特性:頑丈
10まん/ラスカノ/めざ氷/エレキネット


構築の軸。
頑丈+弱点保険+エレキネットによる対面性能の高さが売り。
雑にこいつを初手に投げて場を荒らしてもらう。弱保が発動した後のエレキネットの火力も相まって起点になり辛い。エレキネットを外してよく起点になる。



ボーマンダ@メガ石
性格:わんぱく
特性:威嚇→スカイスキン
実数値:201-166-187-x-114-150
すてみ/竜舞/羽休め/身代わり


H:奇数
A:端数
B:11n
D:C211リザYのめざ氷確定耐え。
S:準則ミミッキュ抜き。


上の三体ではドリュウズカミツルギメガガルーラメガバシャーモが重いためそこらへんをまとめてみれるわんぱくマンダを採用した。強かった。



ウルガモス@気合いの襷
控えめCS
特性:炎の体
放射/めざ氷/ギガドレ/蝶の舞



雨相手にイージーウィンを狙える襷ギガドレ型にした。ただミミッキュがゴーストZの関係上ポリ2の処理ルートが少ないため、耐久に厚く振った羽休め持ちにするか瞬間火力を出せるZにした方がいい気がする。




カプ・レヒレ@水Z
控えめHC
特性:ミストメイカー
ハインプ/ムンフォ/めざ炎/瞑想
or
なみのり/ムンフォ/自然の怒り/挑発


構築全体でカバに薄いため採用。
こいつの型もあやふやで何がいいのかよくわからなかった(雑)



主な選出はジバコイル+ガルorマンダ+ミミッキュ。そのほかは臨機応変に。


成績とか
S8
最高レート1980くらい
最終レート1907
第7回SPLオフベスト16


良い成績ではないけどなかなか使ってて楽しかった。まだまだ煮詰められてないところも多く成績にも納得してないが、久しぶりに構築記事を書きたくなったから書いた(小並感)

おわり。

バクゴーラムシャ

S種族値アクジキング以下シングル部内戦優勝構築


ルール:S種族値アクジキング以下のポケモンのみ参加可能。(メガシンカポケモンメガシンカ前のS種族値を参照。)
シングルバトルノーマルルール6350。



並びhttps://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-460B-8A9B



以下採用理由など


アバゴーラ@イワZ
頑丈
意地っ張りAS
たきのぼり/けたぐり/ストーンエッジ/からをやぶる


抜きエースとして採用。
こいつが環境上位?(アクジキングクワガノンケケンカニカビゴンドサイドンオニシズクモあたり)に刺さっていたのでいかにこいつを通すかを考えた。





バクーダ@気合いの襷
ハードロック
臆病CS
かえんほうしゃ/だいちのちから/あくび/ステルスロック


起点作り役として採用。
S40族でありこいつより速い挑発持ちはマメパト(43族)、スリープ(42族)、ヨーギラス(41族)の3匹しかいないため、基本的にステロ欠伸を止めることができない。またアバゴーラのS種族値が32なので先にロッカドサイドンやロッカバクーダ(S40)、からやぶバクガメス(S36)に展開されるとキツイのでストッパー役にもなる。正直こいつが一番強かった。



グソクムシャ@命の珠
ききかいひ
意地っ張りHAベース
きゅうけつ、アクアジェット、ふいうち、つるぎのまい


終盤のお掃除役として採用。
アバゴーラを止められそうなのがメガヤドランメガハガネールトリトドンナットレイくらいしか思いつかなかったのでそこら辺を起点にしつつ抜き性能が高いのを探したらこいつだった。



クワガノン@デンキZ
浮遊
臆病CS
10まんボルト/むしのさざめき/エナジーボール/ボルトチェンジ


アクジキング@拘りスカーフ
ビーストブースト
臆病CS
あくのはどう/りゅうせいぐん/かえんほうしゃ/どくどく



見せポケ枠×2。
バクーダアバゴーラグソクムシャを通す上でラス1グソクムシャアクジキング対面になってしまうと勝てないので、相手にアクジキングをなるべく選出させないために採用した。



ダダリン@イアの実
はがねつかい
意地っ張りHAベース
パワーウィップ/アンカーショット/シャドークロー/どくどく


マッパ持ちのドテッコツがキツそうだったので採用。一応ヤドカビの崩しのコマとしても使える。唯一いたドテッコツがビルド型でアンカーショット+パワーウィップ×2を耐えた上に突破されてしまったので対策になってなかった。弱い。


クワガノンアクジキングダダリンの枠は要検討。




結果は予選3-1の2位抜け。決勝トーナメント2-0で優勝しました。頑張って考察した甲斐があって嬉しかったです。
ぼくは襷欠伸ステロバクーダがメタられる環境が見たいのでアクジキングシングルシーズン2を心待ちにしてます。
このルールめちゃくちゃ面白いんでみなさんもやりましょう!(雑な宣伝)


おわり。